日経メッセ > LED NEXT STAGE > ニュース > 人工芝、足腰へ負担軽く、ZOZOマリンスタジアム、改修完了。

日経の紙面から

人工芝、足腰へ負担軽く、ZOZOマリンスタジアム、改修完了。

[ 2018年3月6日 / 日本経済新聞 地方経済面 ]

 プロ野球の千葉ロッテマリーンズの本拠地ZOZOマリンスタジアム(千葉市)で野球専用の人工芝に張り替えるなどの改修が完了し、6日のオープン戦から使用を開始する。照明は発光ダイオード(LED)に変更し、従来と同じ明るさで消費電力を半減させる。選手の安全性を確保しつつ、来場者にとって魅力的な球場を目指す。

 人工芝の張り替え費用は約3億3千万円で、昨年11月から約4カ月間、グラウンド約1万4500平方メートルへの敷設工事を進めてきた。使用した人工芝はミズノ製の野球専用人工芝で、従来は真っすぐだった葉先がカールしているのが特徴。経年劣化が少ないうえ、選手の足腰の負担が軽くなるという。

 夜間照明設備のLED化の整備費は約8億3千万円。点灯と消灯を瞬時に行うことが可能となるため、外壁などを利用した幻想的な光の演出などで球場全体の魅力向上にもつなげる。

ニュースの最新記事

PAGE TOP