日経メッセ > LED NEXT STAGE > ニュース > 植物生産、宮崎大と研究、米良企業グループ新工場。

日経の紙面から

植物生産、宮崎大と研究、米良企業グループ新工場。

[ 2018年6月27日 / 日本経済新聞 地方経済面 ]

 米良企業グループの共立電機製作所(宮崎市)と共立電照(同)は26日、植物工場を新設し、宮崎大学と植物生産などについて共同研究を進めると発表した。共立電照の発光ダイオード(LED)照明を用いた植物工場で、LED照明で光波長を応用した栽培管理の最適化技術を宮崎大と共同開発する。

 研究実証設備は「808MERA植物工場」で、共立電機の工場内に7月に着工、11月から稼働する。

 延べ床面積100平方メートルの栽培室を3室、発芽室を2室設ける。

ニュースの最新記事

PAGE TOP