日経メッセ > LED NEXT STAGE > ニュース > 体内に貼れる発光装置、早大など、がん治療に応用。

日経の紙面から

体内に貼れる発光装置、早大など、がん治療に応用。

[ 2018年7月24日 / 日経産業新聞 ]

 早稲田大学の藤枝俊宣准教授らは防衛医科大学などと共同で、体内に貼って使える発光装置を開発した。臓器などぬれたところにも貼ることができ、無線で電気を供給するので体の外から体内の装置を光らせる。光を応用したがん治療に使える。より深部で使えるように改良を重ね、5年後の実用化を目指す。

 研究グループは以前、シリコーンゴムの一種である「PDMS」という素材で600ナノ(ナノは10億分の1)メートルの薄いシートを開発した。このシートにぬれているところにも張り付くような加工をし、新たなシートを作った。無線給電で光るLEDチップを2枚のシートで挟み、薄いシート状の発光装置にした。

 発光装置はぬれているところでも張り付き、臓器に貼っても1カ月以上はがれなかった。無線給電の機械から10センチメートルほど離しても光る。またLEDの種類を変えることで赤や緑の光になる。

 光を使ったがんの治療に利用する。がん治療には特殊な化合物に光を当てることで活性酸素を発生させ、がん細胞を破壊する手法がある。臓器の表面に装置を貼って光らせることでがん細胞を破壊する。実際にマウスの皮膚に人の腎臓がんを移植して化合物を注入した。皮下に装置を貼って緑の光で10日間光らせると、がん細胞が消滅した。

 光を使った従来のがん治療は体内の組織やがん細胞を体外に露出させ、強い光を短時間だけ当てた。強い光は熱で周りの細胞を攻撃するため、体への負担が大きかった。今回の装置は弱い光を一部にだけ当てるので細胞への影響が少ない。長時間当てるのでがん細胞を完全に破壊できる。

 今後はより深い位置の臓器に装置を貼っても光るように改良する。より大型の動物でも試す。臨床研究などを経て5年後の実用化を目指す。

ニュースの最新記事

PAGE TOP