日経メッセ > LED NEXT STAGE > ニュース > 千葉市、ナイトタイムエコノミー推進、民間イベントに助成、提案を募集。

日経の紙面から

千葉市、ナイトタイムエコノミー推進、民間イベントに助成、提案を募集。

[ 2019年5月17日 / 日本経済新聞 地方経済面 ]

 千葉市は夜の健全なにぎわいを創り出す「ナイトタイムエコノミー」を推進するため、民間事業者を対象にイベントの提案募集を始めた。有識者の審査を経て、市が事業費として最大1000万円を補助する。今年度中にイベントを開催し、来年度からは補助金なしで継続する必要がある。

 支援対象は夜に定期的な開催を見込めるイベント。日没から日の出までの時間帯に、夜間照明やプロジェクションマッピング、オープンバーなどを設置し、通常の景観とは異なる空間を演出することなどが条件だ。

 補助金の総額は1500万円で、1つのイベントへの補助額の上限は1000万円(補助対象経費の2分の1)だ。6人の有識者で構成する「千葉市ナイトタイムエコノミー推進審議会」が審査を行う。交付総額の範囲内で、点数の高いイベントから順に支援を決定する。

ニュースの最新記事

PAGE TOP