日経メッセ > ライティング・フェア > ニュース > カスタムLSI設計、TMリンク――LED照明回路に注力、シニア技術者、経験生かす(これで勝負)

日経の紙面から

カスタムLSI設計、TMリンク――LED照明回路に注力、シニア技術者、経験生かす(これで勝負)

[ 2014年10月30日 / 日経産業新聞 ]

 TMリンク(東京・中央)は立松武夫社長(60)ら富士通出身者を中心としたシニア技術者が集まり、半導体の大規模集積回路(LSI)設計や開発を手掛ける。国内メーカーが韓国、中国、台湾勢に価格競争力で劣勢に立たされるなか、特注品の設計を主力に据えて受注を確保する。新たに発光ダイオード(LED)照明の電源回路に注力して活路を見いだす。

 東日本橋駅から徒歩5分のオフィスビルでは、富士通などの大手企業出身の技術者らが基板に向き合う。年齢層は40〜60代だ。蛍光灯型のLED照明の電源回路を手掛けており、作成したICのほか、コンデンサーやコイルなどを取り付けたり、回路の電流や電圧を計測したりする。

アナログに活路

 立松社長は「いくらデジタル化が進んでも、出入力の部分でアナログ回路は残る」と予測する。アナログ回路はセンサーで計測した音や光などの値をデジタル信号に変換する。「0」か「1」かのデジタル回路とは異なり、中間の値にも反応しなければならず、半導体の組み合わせや回路の仕組みに工夫が必要だ。

 「まさに町工場の職人と一緒。経験がモノをいう技術だ」。立松社長はこう自信を見せる。TMリンクの設計・開発力を下支えするのは富士通やソニーなど大手出身の技術者ら7人だ。

 立松社長自身も富士通出身で、富士通時代の人脈から技術力や知識を備える人材を集め、早期退職や定年退職した腕に覚えある大手出身者をそろえた。このため若手技術者の育成に悩む大企業から人材コンサルティングの依頼も舞い込む。

 TMリンクは今、LED照明向けの電源回路の基板に注力する。今後、白熱灯や蛍光灯がLED照明に置き換わるのに伴い、安定した需要が見込める。LED照明は一定の電圧を掛けても個々のLED素子の電流が異なる。輝度や色味に差が出てしまうため、電源回路を使って調整しなければならない。

 また照明は形や大きさの種類が豊富な分野だ。TMリンクは大手が手掛ける数百万ロットの仕事ではなく、他品種小ロットに商機を見いだす。調光や調色のニーズにも対応するほか、照明メーカーに詳しい営業人材も雇い入れて攻勢に出る。

 立松社長は富士通時代にDRAM(記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー)などの設計に携わっていた。2000年からは国際マーケティングを担当。韓国や中国、台湾などの半導体メーカーと交流しながら「日本はコスト競争で負ける。半導体メーカーはなくなる」という思いを強くした。

 TMリンクを立ち上げたのは05年9月だった。日本メーカーが価格競争で劣勢を強いられるなか、「日本でやるべきことはイノベーションを起こせる設計だ。ベンチャーの方が小回りが利く」と考えた末の独立だった。

水平分業で対応

 従来の垂直統合型ではなく、製造は海外工場に依頼し、自社は設計を手掛ける水平分業型のビジネスを打ち出した。かつての人脈を駆使し、現在は中国や韓国の電子機器の受託製造サービス(EMS)メーカー6社と連携し、中国から仕入れた部品で量産も担える体制を整えた。好調時の売上高は2億円に迫った。

 大手メーカーからの依頼で、電子楽器やオフィス機器などに搭載するカスタムLSI、記憶媒体のソリッド・ステート・ドライブ(SSD)などの設計を手掛け、経営が安定したが、08年秋のリーマン・ショックで仕事が激減した。

 立松社長は「倒産も覚悟した」と振り返る。カスタムLSIの開発は費用が数千万〜数億円、期間は少なくとも1年半必要だ。不況の余波で開発から手を引く大手メーカーも多かった。

 それでもLED照明向けの事業は順調だった。電源回路の開発費は数十万〜数百万円で、期間も数カ月ほどで済むため、需要は大きく落ち込まなかった。ただ、一般向けのLED照明は普及が一巡すれば需要が落ち込む。立松社長は「植物工場向けやろうそくのようにゆらゆら揺れる照明向けの回路に力を入れる」と次の一手を模索する。

 特殊用途向けのLED照明の電源回路などで次の勝負を挑むTMリンク。経験豊富な技術者を束ねる立松社長の手腕が問われる。(高城裕太)

《会社概要》 

▽本  社 東京都中央区 
▽売 上 高 約7000万円(2013年8月期) 
▽従業員数  13人(契約社員も含む) 
... 
 2005年、富士通でDRAM(記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー)設計部門の部長などを務めた立松武夫氏が設立した。カスタム大規模集積回路(LSI)の設計を主に手掛けて、製造や量産は海外企業に委託。技術者の多くが富士通出身者になり、近年は発光ダイオード(LED)照明の電源回路に注力している

ニュースの最新記事

PAGE TOP