日経メッセ > ライティング・フェア > ニュース > 量子ドットディスプレー、「有機ELの次」始動、昭栄化学が材料、有害物質使わず量産。

日経の紙面から

量子ドットディスプレー、「有機ELの次」始動、昭栄化学が材料、有害物質使わず量産。

[ 2017年8月7日 / 日経産業新聞 ]

 電子部品材料を手掛ける昭栄化学工業(東京・新宿)は色再現性の高い次世代ディスプレー技術「量子ドット」フィルム用の半導体ナノ粒子を年内に量産する。量子ドットは有機ELの先の技術として注目を集めており、同社は材料技術で先行する狙い。ディスプレーが液晶から有機ELに転換する中で、有機ELの「次」を見据えた動きが始まっている。

 昭栄化学は有害物質のカドミウムを使わない独自の製法を確立し鳥栖事業所(佐賀県鳥栖市)に約10億円を投じて量産ラインをつくる。インジウムとリンを熱反応させて半導体ナノ粒子を成長させる製法を確立した。韓国サムスン電子の子会社や米ベンチャー企業などの製法と比べて製造コストを下げて安定供給できる強みがあるという。

 鳥栖事業所で2017年中に生産設備を整備し、18年中にも月産で数百キログラムの材料生産を始める。ナノ粒子を含む溶液をフィルムメーカーや感光剤(レジスト)メーカーなどに量子ドット溶液として供給する。安定量産することで1グラム5千円程度に抑えられるという。

 量子ドットディスプレーは特殊な材料が光の波長を変化させて、青から緑、赤の色の三原色を鮮やかに再現できるのが特徴。現在主流のディスプレー構造は、青色発光ダイオード(LED)の光を量子ドットフィルムを通して緑や赤の色を出す仕組み。フィルムは数ナノ(ナノは10億分の1)〜十数ナノメートルの粒子状結晶で構成され、省電力で高い輝度、広い色域を再現できる。

 量子ドットは有機ELよりも広い色域を持ち、より美しい映像を楽しめると期待されてきた。ただ毒性のあるカドミウムを使ってナノ粒子を制御する必要があったため活用が進んでいなかった。ソニーも一時自社ブランドのテレビに採用する意向だったが、有害物質が含まれることで断念した経緯がある。

 民間調査会社の矢野経済研究所によると、昭栄化学などが手掛ける量子ドット向け電子材料の出荷量は2017年に前年比2・6倍に拡大。「中国の複数のテレビメーカーが採用することで市場が大きく伸びる」(同社)と予測している。

ニュースの最新記事

PAGE TOP