日経メッセ > ライティング・フェア > ニュース > 北海道ガス、10月からHEMS。

日経の紙面から

北海道ガス、10月からHEMS。

[ 2018年4月12日 / 日経産業新聞 ]

 【札幌】北海道ガスは10月から独自開発の家庭用エネルギー管理システム(HEMS)「エミネル」を市場投入する。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」技術を活用、暖房制御機器や照明機器の設定温度を自動調整したり省エネ助言をしたりする。同社の試算によると、HEMS導入により家庭のエネルギー消費量を約2割削減できる。北ガスのガスと電気をセットで利用する顧客がサービス対象で、年間の光熱費を1万〜5万円ほど削減できるという。サービス料金は5月に改めて発表する。2023年度に1万件の普及をめざす。

 エミネルでは、部屋の温度や明るさ、人がいるかどうかを調べるセンサーを室内に設置。暖房や照明の使用状況をスマートフォンなどからいつでも確認できる。1日を複数の時間帯に分け暖房の設定温度を決められるほか、外出先から暖房と照明を操作することもできる。

ニュースの最新記事

PAGE TOP