日経メッセ > ライティング・フェア > ニュース > クラスコ、スマホで家電制御できる住宅。

日経の紙面から

クラスコ、スマホで家電制御できる住宅。

[ 2018年8月6日 / 日経産業新聞 ]

 【金沢】不動産業のクラスコ(金沢市)はスマートフォン(スマホ)で家電などを制御できる住宅の設計、施工、管理を一括で請け負う事業を始める。独自アプリと連動させて遠隔で照明や空調、家電を切り替えたり、人感センサーと連携し不審者の侵入を察知したりできる。セキュリティーや利便性を高め、管理業務を拡大する。

 一軒家だけでなく、マンション一棟の部屋全てをスマホ制御に対応させたい家主も対象とする。クラスコは子会社のクラスコテクノロジー(金沢市)を通じて、家電などを登録し、操作できるスマホアプリを開発した。各設備をネットにつなげられる中継機器を通じて、部屋内の設備をアプリと連動させる。

 クーラーや照明のほかテレビなどの家電類をスマホの画面をタップして操作できるようにする。環境センサーと連携させると、室内の温度・湿度をスマホで確認できる。室内のウェブカメラ、人感センサーと連携させ、不審者を監視できるようにした。

 すでにできあがっている部屋をスマホ制御に対応させるサービスも始める。金沢市内にモデルルームも設置しており、家主や他の不動産会社の視察を受け入れる。

 将来はクラスコの会員組織や、同社のリノベーション事業に加盟する全国の不動産管理業者とのつながりを活用して、フランチャイズチェーン(FC)展開も視野に入れる。

 あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を活用した自社内の業務効率化にも取り組む。米アマゾン・ドット・コムのAIスピーカー「エコー」に声をかけるだけで、本社の空調や照明、ロボットそうじ機などを音声で制御できるようにする。

ニュースの最新記事

PAGE TOP