日経メッセ > ライティング・フェア > ニュース > 太陽光LEDの米新興に出資、南都銀。

日経の紙面から

太陽光LEDの米新興に出資、南都銀。

[ 2018年11月1日 / 日本経済新聞 朝刊 ]

 南都銀行は投資組合を通じて、ノーベル物理学賞を受賞した中村修二氏らが立ち上げた米スタートアップ、ソラー(SORAA、カリフォルニア州)に約21億円出資した。ソラーは太陽光に近い光を再現する次世代の発光ダイオード(LED)照明を製造する。創業者でカリフォルニア大教授の中村氏とジェフ・パーカー最高経営責任者(CEO)らが31日、奈良市内の南都銀を訪問。中村教授は「日本を含め人類のために『究極の照明』を広げたい」とコメントした。

ニュースの最新記事

PAGE TOP