日経メッセ > ライティング・フェア > ニュース > LED照明付きの空調吹き出し口、豊田合成、レクサス向け供給。

日経の紙面から

LED照明付きの空調吹き出し口、豊田合成、レクサス向け供給。

[ 2018年12月12日 / 日本経済新聞 地方経済面 ]

 豊田合成は発光ダイオード(LED)照明付きのエアコンレジスター(吹き出し口)を開発した。無線で離れたところにも電気を送れる技術を活用し、小型でデザインの自由度も高めた。LEDはエアコンの風向きや風力を調整するノブに付いている。

 高級車「レクサス」の新型多目的スポーツ車(SUV)「UX」向けに供給する。

 ヘッドライトを点灯するとエアコン吹き出し口に付いたノブのLED照明も点灯し、暗い車内で視認性が高まるという。LED照明に有線で電気を供給する従来方式だと、エアコンのノブを繰り返して操作した場合、ワイヤが破断する恐れがあった。

 デザインも工夫し、レンズ内部を合わせ鏡状にして光の輪が立体的に見えるようにした。

 豊田合成は主力の樹脂・ゴム製品と電子技術の融合を成長の柱に据えている。今回の製品は1月に発足した電子技術部が中心になって開発した。

 同部は自動運転や電動化に対応した次世代技術開発を担う。手放し運転を警告するセンサー内蔵ハンドルなども手掛けている。

ニュースの最新記事

PAGE TOP