日経メッセ > NFC & Smart WORLD > ニュース > ビームス、ICタグで着こなし提案。

日経の紙面から

ビームス、ICタグで着こなし提案。

[ 2014年11月18日 / 日本経済新聞 朝刊 ]

 セレクトショップのビームスは18日、無線自動識別(RFID)機能を持つICタグの新たな活用を始める。顧客が商品を専用の装置に近づけると、自分で在庫の有無を確認できる。着こなしの提案や商品の詳細情報も見られるようにする。主に店舗の作業効率軽減のために使われてきたICタグが、消費者へのサービス向上にも利用が広がってきた。

 富士通が新たに開発した専用装置を活用する。12月19日までの期間限定で、ららぽーとTOKYO―BAY店(千葉県船橋市)にある「ビーミング ライフストア」でまず試験的に導入する。

 RFID読み取り機能を持った巣箱型の装置にタグがついた商品を近づけると、小鳥の動画が流れて色やサイズ別の商品の在庫状況などが表示される仕組み。

 サイズの展開が多い子ども服約150品が対象。顧客は接客を受けなくても着た時のイメージや在庫が確認できる。

 顧客がどの商品をどれだけ読み取ったか、購入したかなどを情報として集めることができる。商品開発や販促にも活用していきたい考え。

ニュースの最新記事

PAGE TOP