日経メッセ > NFC & Smart WORLD > ニュース > パルコ、サイトから商品取り置き、旗艦全店に拡大。

日経の紙面から

パルコ、サイトから商品取り置き、旗艦全店に拡大。

[ 2014年11月14日 / 日経MJ(流通新聞) ]

 パルコ(東京・渋谷)はこのほど、同社のウェブサイトから商品の取り置き予約ができるサービスの対象店舗を広げた。従来パルコ静岡店の一部テナントなどで試験的に実施していたが、札幌や福岡など各都市の旗艦店8店舗でサービスを利用できるようにした。現在約50店のテナントが参加しており、2015年には100店への拡大を目指す。

 同社が運営するサービスは「カエルパルコ」。パルコ各店に出店するテナントがブログなどで紹介する商品を取り置き予約したり、通販で購入したりできる。各テナントの商品紹介ページの注文ボタンをクリックすると、パルコのウェブページに移動できる仕組み。各テナントは収益拡大を見込めるほか、消費者が実店舗に足を運んでもらいやすくなる利点がある。

 衣料通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイともサービスの連携を始めた。同社が提供するアプリで、衣料品の着こなし情報などを配信する「WEAR(ウェア)」からもパルコのウェブページに移動できる。

 パルコは実店舗を基盤としたウェブサービスの活用に力を入れており、新サービスの拡充で集客力の向上をねらう。

ニュースの最新記事

PAGE TOP