日経メッセ > NFC & Smart WORLD > ニュース > 任天堂、スイカ決済、あすから、「3DS」2機種で対応。

日経の紙面から

任天堂、スイカ決済、あすから、「3DS」2機種で対応。

[ 2014年12月8日 / 日経産業新聞 ]

 任天堂は9日から携帯型ゲーム機で東日本旅客鉄道(JR東日本)のIC乗車券「Suica(スイカ)」の電子マネーを使った決済を始める。対応するのは今年10月に発売した「Newニンテンドー3DS」と「Newニンテンドー3DS LL」の2機種で、従来型の「ニンテンドー3DS」は対応しない。

 New 3DSは画面に電子マネーを読み取る機能が付いている。スイカをかざすと、ゲームソフトをダウンロードするときの支払いができる仕組みだ。西日本旅客鉄道(JR西日本)の「ICOCA(イコカ)」など他の交通機関のICカードも使える。任天堂は据え置き型の「Wii U」では7月から同様のサービスを提供している。

 New 3DSは10月に「ニンテンドー3DS」の改良版として発売した。近距離無線通信を新たに搭載しており、電子マネーに対応できるようになった。

ニュースの最新記事

PAGE TOP