日経メッセ > NFC & Smart WORLD > セミナー > アジアと日本、NFC市場の現状と将来像

セミナー

アジアと日本、NFC市場の現状と将来像

[ 2014年1月10日 ]

グローバルでスマートフォン・タブレット端末への搭載が進んでいるNFCは、日本国内でも対応端末が急速に拡大し、注目を集めています。NFC活用が期待されるのはモバイル決済のみならず、健康・医療や交通機関・自動車、アミューズメントなど、幅広い分野に及びます。
APSCAとの共催で実施する本セミナーでは、非接触技術の専門家やNFCとモバイルに関するキープレーヤーを招き、下記のようなNFCを取り巻く技術と市場の最新動向について議論を行います。
 
・日本と海外のモバイルNFCサービス、最新の拡大状況
・決済分野以外に広がっている、モバイルNFCサービスの新展開
・モバイルNFCでセキュアエレメントは必要か、実装方法の比較と分析
・HCEを使ったカードエミュレーションに潜むセキュリティリスク
・セキュアエレメントを用いたカードエミュレーションをよりシンプルに
・2014年のNFCビジネスと技術動向について、パネルディスカッションによる展望
 
【講師】
Greg Pote氏(アジアパシフィック・スマートカード協会)
田川 晃一氏(NFCフォーラム)
Eric Bultel氏(インフィニオンテクノロジーズ)
今井 和氏(NTTドコモ)
小川 央氏(フェリカネットワークス)
米沢 正雄氏(ジェムアルト)
笹井 幸一郎氏(NXPセミコンダクターズジャパン)
Rick Hsu氏(ULトランザクションセキュリティ)
庭野 栄一氏(GlobalPlatform)

セミナーの最新記事

PAGE TOP