エコプロ2022
社会インフラテック/カーボンニュートラルテック/自然災害対策展/ウェザーテック
エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz

SDGs Week EXPO

2022年12月7日(水)〜9日(金) 2022/12/07〜09 東京ビッグサイト 東ホール
日経メッセ > SDGs Week EXPO > 出展者製品情報

出展者製品情報

タフネスコート工法/タフネスコート工法「クリア」

=コンクリート構造物の機能を保持=

●タフネスコート工法
コンクリート構造物の表⾯にポリウレア樹脂を吹付けることで、構造物に必要な機能を保持し⻑寿命化を図る。
(⼟⽊学会技術評価第0026号)

【4つの機能】
落ちない(剥落防止)
→トンネル覆工/高架橋床版など
漏水しない(保水性向上)
→上水用配水池/防火水槽など
劣化しない(耐久性向上)
→桟橋/港湾構造物など
倒れない(耐衝撃性向上)
→道路の壁高欄など

●タフネスコート⼯法「クリア」
従来にはなかった透明性と低黄変性を有する「クリア」専用のポリウレア樹脂により、施工後も下地コンクリートの状況を確認でき、維持管理が容易。





この製品の分類

タフネスコート工法/タフネスコート工法「クリア」

お問い合わせ

出展者名 清水建設

この製品情報の出展者

清水建設

インフラメンテナンスの分野において、当社独自の開発技術及び施設管理者との共同研究で開発した技術を展示する。具体的には、橋梁床版の更新に有効なHSPJ(床版高耐久接合技術)やSLaT-FaB(高耐久軽量合成床版)、さらには、補強・長寿命化技術としてタフネスコート(ポリウレア樹脂によるコーティング技術)を紹介する。