エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz

社会インフラテック

2019年12月4日(水)〜6日(金) 2019/12/04〜06 東京ビッグサイト
日経メッセ > 社会インフラテック > Q&Aとアポイント

Q&Aとアポイント

締め切り
質問日: 2019/11/26 19:29

人工衛星データを活用したインフラ(橋梁や...

人工衛星データを活用したインフラ(橋梁やダム等)や都市開発モニタリング、洪水域抽出や広域の土地利用地図作成等のサービスを展開しており、それらの利用にご関心のある業態の方をお探ししております。
No. 6554
質問者: dasyn
回答数: 1件 1件

これまでの回答

今回ご紹介いただきましたサービスに関心がありますので、是非、NEXCO中日本ブースにお立ち寄りください。

また、当社では、ITによる保全管理業務の高度化を目的にGPS付携帯電話を使って現地状況を把握する「緊急報告支援システムERSS」を展開しています。展示会の当日には、本システムを担当している技術者もブースにいますので、お声かけください。

回答日: 2019/11/27 11:16

質問者からの返信
ご連絡頂きありがとうございます。

弊社Synspectiveではもちろん自社の衛星(Xバンド小型SAR:合成開口レーダ)の打ち上げ・データ提供を行うのですが、必要に応じて、地上データやその他リモセンデータ等を掛け合わせつつ、 SaaS(Software as a Service)モデル等でお客様のニーズに合うソリューション(都市開発やインフラの定点モニタリング、地盤沈下検出、等々)を作成・提供するサービスも構築して参ります。
ご参考:https://thebridge.jp/2019/07/synspective-series-a-round-funding

当日は貴社ブースに伺わせていただきます。
是非ご担当の方とお話しさせていただければと思います。
どうぞよろしくお願い致します。
返信日:2019/11/27 13:24

お気に入りQ&Aは見つかりましたか?

あなたの質問や悩みにマッチするQ&Aが見つからないときは、どうぞお気軽に質問をお寄せください。
各分野のプロフェッショナルである展示会出展者から回答が得られます。
回答が寄せられた出展者とは、展示会場でのブース来場アポイントをとることもできます。