日経メッセ > リテールテックJAPAN > Q&Aとアポイント

Q&Aとアポイント

全国初の『商店街単独免税カウンター』設置...
wait
質問者:高山本町三丁目商店街振興組合

全国初の『商店街単独免税カウンター』設置の商店街です。『免税手続き電子化』についての流れと対応機器について教えてください。
No. 4894
Status: wait
質問者: 高山本町三丁目商店街振興組合
質問日: 2018/01/17 11:24
回答数: 1件 1件

これまでの回答

免税対応サービス「Smart免税」のご案内をさせて頂きます。

「Smart免税Navi」は最小構成(iOS端末+レシートタイププリンタ)で、「購入記録票」「誓約書」を自動作成するサービスです。
現状にあわせ簡単な仕組ですぐにスタートが可能です。

(1)省スペース
(2)多言語対応
(3)独立型

もちろん弊社はPOSレジを手掛けておりますので、POS連動タイプ「Smart免税Pro」でのご提案も可能です。
詳しい資料もご用意しております、またお伺いしてのデモも可能です。
是非ご提案の機会を頂けますと幸いです。

回答日: 2018/01/18 10:49

回答者からの返信
では、今後のアプリ開発を楽しみにしています。ありがとうございました。
返信日:2018/01/18 16:14
質問者からの返信
弊社免税対応サービス「Smart免税」はiOS対応アプリケーションとなり、iOS端末にてパスポートスキャン、簡単な操作で免税帳票を自動作成するサービスです。

「免税制度における手続きの電子化」につきましては、今後の政府方針に従いアプリケーションで対応予定です。
返信日:2018/01/18 15:23
回答者からの返信
お応え頂きありがとうございます。観光庁から伺っている話では、2020年から「購入記録表」および「誓約書」はペーパレス化して、データ送信で対応することになりますが、既存ソフトの更新で対応できるレベルか、不明なため、その辺りをご教授いただけると幸いです。
返信日:2018/01/18 11:48

お気に入りQ&Aは見つかりましたか?

あなたの質問や悩みにマッチするQ&Aが見つからないときは、どうぞお気軽に質問をお寄せください。
各分野のプロフェッショナルである展示会出展者から回答が得られます。
回答が寄せられた出展者とは、展示会場でのブース来場アポイントをとることもできます。