日経メッセ > リテールテックJAPAN > ニュース > 日本ユニシス、ヤマダの店舗でロボ接客の実験。

日経の紙面から

日本ユニシス、ヤマダの店舗でロボ接客の実験。

[ 2017年3月14日 / 日経産業新聞 ]

 日本ユニシスは13日、ヤマダ電機の店舗でロボットによる接客の実証実験をすると発表した。ユニシスが取り扱う米社製の自走式ロボット「ナビー」が商品売り場や店内施設の案内をする。人工知能(AI)技術を活用した対話エンジンを新たに搭載。また、店舗の在庫や売価チェックを自動でする機能を追加した。

 実験はヤマダ電機テックランド青葉店(横浜市)で3月13日から4月30日まで行う。2016年2月に実施した実験の第2弾となる。自走式ロボの「ナビー」が音声やタッチパネルで目的の商品の陳列場所まで誘導する。来店客との会話を通じてAIを活用した対話エンジンがお薦め商品を提案するほか、詳細情報を紹介する。

 従業員の業務負担を軽くする機能も追加する。営業時間外に「ナビー」が約1万点の商品を対象にチェックして在庫や売価の確認をする。

 ユニシスは15年末から米フェロウロボッツ(カリフォルニア州)が開発するナビーの取り扱いを始めている。

ニュースの最新記事

PAGE TOP