日経メッセ > リテールテックJAPAN > ニュース > ビットコイン決済、カードで、イオン系、フェリカ活用。

日経の紙面から

ビットコイン決済、カードで、イオン系、フェリカ活用。

[ 2017年6月14日 / 日本経済新聞 朝刊 ]

 イオン子会社で電子マネーシステムを提供するフェリカポケットマーケティング(FPM、東京・港)は、仮想通貨「ビットコイン」での決済をICカードで済ませる技術を開発した。クレジットなどで決済手段として普及しているカード型を採用することで、ビットコインの利用の裾野を広げる。カード会社や流通業などに導入を働きかけていく。

 非接触ICチップ技術「FeliCa(フェリカ)」と、仮想通貨の仕組みを組み合わせた。ビットコインの利用に必要な暗号情報をカード内のチップに保存。利用者は電子マネーなどと同様、読み取り端末にカードをかざすだけでビットコインで決済ができる。

 ビットコインの店頭決済は、ビックカメラなど一部の店がスマートフォン(スマホ)でQRコードを読み取るといった手段ですでに実現している。ただ専門的でわかりにくいといったイメージが利用が広がらない一因となっている。

ニュースの最新記事

PAGE TOP