日経メッセ > リテールテックJAPAN > ニュース > ローン・決済アプリ開発へ、ユニー・ファミマと伊藤忠、新会社を設立。

日経の紙面から

ローン・決済アプリ開発へ、ユニー・ファミマと伊藤忠、新会社を設立。

[ 2017年9月1日 / 日本経済新聞 朝刊 ]

 ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)と筆頭株主の伊藤忠商事は、金融とIT(情報技術)を融合したフィンテック関連事業を本格化する。9月1日に共同で新会社を設立し、買い物客が決済やローンを一体で使えるアプリの開発などに取り組む。コンビニエンスストアと総合スーパーの顧客基盤を生かし金融関連事業を新しい収益の柱に育てる。

 コンビニでの決済サービスなどを手掛けるファミマ・ドット・コム(東京・豊島)を母体に、新会社「UFI FUTECH(ユーエフアイ フューテック)」を設立する。資本金は4億円でユニファミマHDが約72%、伊藤忠が約28%出資する。

 ユニファミマHDのコンビニ事業会社ファミリーマートの沢田貴司社長が新会社の社長を務める。伊藤忠も社員を十数人派遣する。

 新会社は買い物客がスマートフォンを使って商品情報の確認や割引クーポンの入手、電子決済やローンを利用できるアプリ開発などに取り組む。

 ユニファミマHDが8月31日に資本業務提携したドンキホーテホールディングスとも連携する。

ニュースの最新記事

PAGE TOP