日経メッセ > リテールテックJAPAN > ニュース > TOKYOBASE谷正人最高経営責任者――日本のルイヴィトンになる(eyemode)

日経の紙面から

TOKYOBASE谷正人最高経営責任者――日本のルイヴィトンになる(eyemode)

[ 2017年11月17日 / 日経MJ(流通新聞) ]

 ▽...「日本のLVMHモエヘネシー・ルイヴィトン(LVMH)になる」。衣料品のセレクトショップなどを運営するTOKYO BASE(トウキョウベース)の谷正人最高経営責任者(CEO)は力を込める。国産の衣料品を中心に手掛けるが、最終目標は、日本の有力ブランドを多数傘下に擁するコングロマリット(複合企業)だ。

 ▽...2017年は「その一歩を踏み出す年となった」。セレクトショップ「ステュディオス」で取り扱う2ブランドに出資。世界に通用するブランドに育て上げるため、ネット通販上の店舗や実店舗の運営を支援する考えだ。ブランドなどに出資するベンチャーキャピタル(VC)の立ち上げなども視野に入れる。

 ▽...日本発のファッションはまだ世界で存在感を発揮しきれていない。ブランドがものづくりに専念できる環境を整え、「ブランドと共に成長していく」考えだ。

ニュースの最新記事

PAGE TOP