日経メッセ > リテールテックJAPAN > ニュース > セブン・アスクル、生鮮宅配でアマゾンを猛追、きょうサービス開始。

日経の紙面から

セブン・アスクル、生鮮宅配でアマゾンを猛追、きょうサービス開始。

[ 2017年11月28日 / 日本経済新聞 朝刊 ]

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)とアスクルは28日から生鮮品の宅配サービス「IYフレッシュ」を始める。共働き世帯などのニーズを見込み、カット野菜や調理キットなど約5000品目を扱う。生鮮宅配はアマゾンジャパン(東京・目黒)も4月から「アマゾンフレッシュ」を展開するなど、競争が激しさを増している。

 27日、セブン&アイHDとアスクルの両社が報道陣に配送拠点などを公開した。イトーヨーカ堂でIYフレッシュ事業を担当する大木宏氏は「配送がタイムリーではないといったネットスーパーへの不満を解消したい」と意気込む。東京都心の文京区と新宿区でスタートし、2018年度に東京23区全域、20年秋をめどに首都圏に拡大する。

 IYフレッシュはアスクルの通販サイト「ロハコ」内に出店し、生鮮品を中心に5000品を扱う。午後2時までの注文で翌日の午前9時以降、午後2〜11時の注文で翌日午後4時以降の受取時間を1時間刻みで指定できる。配送料は1回350円。ロハコの商品を含む購入金額が4500円を超えると無料になる。

 拠点となるのは東京都荒川区の「ネットスーパー西日暮里店」。ヨーカ堂が手掛けるネットスーパーの出荷拠点でもあり、2階の作業場にはスーパーの売り場のように冷蔵や冷凍の温度帯ごとに分かれた陳列棚が並ぶ。

 ここで従業員が野菜や肉などの商品をピックアップ。保冷ボックスに詰めた商品を1階の出荷拠点に運び、アスクルに引き渡す。ヨーカ堂からの商品の引き渡しは1日2回。アスクルは各地の配送センターで小口配送用に商品を詰め替え、利用者の指定した配送時間に合わせて配達する。

 IYフレッシュは共働き世帯を主要顧客と想定し時短需要を取り込む。ヨーカドーの店舗では扱わない調理キットなどを用意し、50のレシピの動画や画像も公開し、毎月更新する。ヨーカ堂はサービスを23区まで拡大する段階で都内の食品の売上高を現状比で1割増やす計画を掲げる。

 ロハコに出店することで、セブン&アイのグループ通販サイト「オムニ7」では接点のなかった利用者を呼び込む。アスクルも生鮮品を売ることでロハコの利便性を高めたい考えだ。

 生鮮宅配ではアマゾンが17年4月から「アマゾンフレッシュ」を展開する。有料の「プライム会員」対象のサービスで、東京都23区のうち世田谷区など18区のほか、神奈川県や千葉県の一部が対象エリアだ。午前8時から深夜0時まで2時間ごとに配達時間を選べる。

 生鮮品はスーパーで購入したり生活協同組合の宅配サービスを利用したりする消費者が多い。アマゾンに加え、セブン・アスクル連合のサービスが始まることで生鮮宅配の普及が加速しそうだ。

ニュースの最新記事

PAGE TOP