日経メッセ > リテールテックJAPAN > ニュース > スタートトゥ15%増益、4〜12月最終、通販サイト好調。

日経の紙面から

スタートトゥ15%増益、4〜12月最終、通販サイト好調。

[ 2018年2月1日 / 日本経済新聞 朝刊 ]

 衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を手掛けるスタートトゥデイが31日に発表した2017年4〜12月期の連結決算は、純利益が162億円と前年同期比で15%増加した。期間限定の割引クーポンを使った販促や新規ブランドの出店拡大で、サイトの売上高にあたる商品取扱高が伸びた。

 売上高は32%増の709億円だった。注文から最大2カ月後まで支払いを延期できるサービス「ツケ払い」の効果が期初から寄与した。会員数も増加した。

 ただ、業績の伸びは鈍化している。前年同期は純利益が78%増えていた。スタートトゥが運送会社に支払う配送料が上がったほか、プライベートブランドの関連費用も重荷となった。

ニュースの最新記事

PAGE TOP