日経メッセ > リテールテックJAPAN > ニュース > MV東海、店舗に宅配便ロッカー。

日経の紙面から

MV東海、店舗に宅配便ロッカー。

[ 2018年2月15日 / 日経産業新聞 ]

 【静岡】マックスバリュ(MV)東海は、静岡県富士市にあるMV富士八幡町店で、24時間受け取り可能な宅配便ロッカーの運用を始めた。ヤマト運輸などが出資するパックシティジャパン(東京・千代田)の「PUDO(プドー)ステーション」を設置。24時間営業の同店で顧客の利便性向上を図り、店舗への誘客につなげる。

 利用客がヤマト運輸の「クロネコメンバーズ」に登録している場合や、同ロッカーの受け取りに対応しているECサイトで購入した場合に利用することができる。日中は仕事で宅配便が受け取れない顧客が、帰宅時などに同ロッカーを利用することで、設置店舗での買い物も増えるとみる。

 社会問題となっている再配達の負担軽減や、顧客のライフスタイルの変化への対応もにらむ。今後は、設置店舗の拡充を図るとともに、利用可能な宅配会社を追加する。

ニュースの最新記事

PAGE TOP