日経メッセ > リテールテックJAPAN > ニュース > 阪急阪神百貨店、客行動データ化、商品配置に活用。

日経の紙面から

阪急阪神百貨店、客行動データ化、商品配置に活用。

[ 2018年2月24日 / 日本経済新聞 朝刊 ]

 エイチ・ツー・オーリテイリング傘下の阪急阪神百貨店はビーコン(電波受発信機)などを用いて、来店客の行動パターンをデータ化する。集めたデータから来店客の移動経路などを分析し、店員の効率的な配置や商品の並べ方など新たな店づくりに生かす。訪日観光客の増加で業績が堅調なうちにビッグデータの活用を進め、ネット小売りの攻勢に対抗する。

 阪急阪神百は24日から西宮阪急(兵庫県西宮市)で、来店客の行動のデータの収集と分析に取り組む。ビーコンを配置し、2階の婦人服売り場では画像認識センサーも置く。来店客のスマートフォンのブルートゥース(近距離無線通信)などを受信しデータを集める。

 集めたデータをもとに来店客の滞在時間や動線を分析。休憩場所や商品棚の効率的な配置など魅力的な店づくりに活用する。人が多く立ち止まるのに購入しない場所では、値下げした商品や店員を配置して販売促進にも活用する。

ニュースの最新記事

PAGE TOP