日経メッセ > リテールテックJAPAN > ニュース > BASE、丸井と資本業務提携。

日経の紙面から

BASE、丸井と資本業務提携。

[ 2018年4月18日 / 日経産業新聞 ]

 電子商取引(EC)サイト構築支援サービスのBASE(ベイス、東京・渋谷)は17日、丸井グループと資本業務提携すると発表した。店舗運営や決済分野で協力する。両社は期間限定の店舗を運営するなどこれまでも協業してきたが、今回、丸井グループがベイスに出資し提携関係を深める。常設店の設置でこれまで接点のなかった店舗や顧客を呼び込む。

 第1弾として6月に東京・渋谷の「渋谷マルイ」にベイスの利用者が出店できる常設のレンタルスペースを開く。ベイスは1月にQRコード決済など2つの金融関連子会社を設立しており、今後、丸井グループの店舗でのQR決済対応や、クレジットカード「エポスカード」のポイント連携なども検討する。

 ベイスは2012年12月設立。個人を中心に手軽にECサイトを作れるサービスとして利用者数は5年で50万店まで広がった。ベンチャーキャピタル(VC)のほかにフリーマーケットアプリ大手のメルカリ(東京・港)や家計簿アプリのマネーフォワードからも出資を受けている。

ニュースの最新記事

PAGE TOP