日経メッセ > リテールテックJAPAN > ニュース > 消費データの研究組織、セブン&アイ、異業種10社と。

日経の紙面から

消費データの研究組織、セブン&アイ、異業種10社と。

[ 2018年6月4日 / 日経MJ(流通新聞) ]

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は異業種10社とビッグデータを活用し合う研究組織「セブン&アイ・データラボ」を立ち上げた。NTTドコモや三井住友フィナンシャルグループ、ANAホールディングスなどが参加する。

 参加企業が持つデータを、個人を特定できない範囲に加工。セブン&アイが各社とそれぞれ1対1でデータを組み合わせ、自社だけでは見えなかった消費者ニーズなどをあぶり出す。

 また研究組織の発足と並行するかたちで、消費者向けにはセブンイレブンとイトーヨーカドーのスマートフォン用アプリを刷新した。利用者がスマホ画面上に表示されるバーコードをレジで提示すると、商品の購入実績が蓄積されていく仕組みだ。購入額に応じた特典を用意し、優良顧客を増やす。

 アプリを利用するにはメールアドレスや生年月日などを登録することが必要となる。アプリの会員情報はネット通販「オムニ7」と連動し、ネットと実店舗で顧客情報を一元管理する。グループ内でのあらゆる購買データから個々の消費者の細かい好みを把握できるようにする。

ニュースの最新記事

PAGE TOP