日経メッセ > リテールテックJAPAN > ニュース > 店の空き駐車場使って、AOKI×アキッパ、貸し出して収益。

日経の紙面から

店の空き駐車場使って、AOKI×アキッパ、貸し出して収益。

[ 2018年8月8日 / 日経MJ(流通新聞) ]

 紳士服大手のAOKIホールディングスは、駐車場シェアリングサービスのakippa(アキッパ、大阪市)と提携する。AOKIグループの全国の店舗の空き駐車場をアキッパを使って貸し出す。駐車場を有効活用し、新たな収益につなげる考えだ。

 紳士服店の「AOKI」や「ORIHICA(オリヒカ)」のほか、カラオケ店、結婚式場など、AOKIグループが運営する全国の約1200店の空き駐車場を随時貸し出す。まずは仙台市などの数店舗の駐車場を貸し出し、年内に50店まで広げる。アキッパ利用者による店舗への来店も期待する。アキッパの会員数は約80万人。

ニュースの最新記事

PAGE TOP