日経メッセ > リテールテックJAPAN > ニュース > ペイペイでネット通販、ヤフー・ロハコなど。

日経の紙面から

ペイペイでネット通販、ヤフー・ロハコなど。

[ 2018年12月4日 / 日経産業新聞 ]

 ヤフーとソフトバンクの共同出資会社でスマートフォン(スマホ)決済を手がけるペイペイ(東京・千代田)は同社の手がける決済が2019年2月からインターネットサービスの支払いに対応すると発表した。従来は店舗での支払いだけだったが、ヤフーのネット通販「ヤフーショッピング」などで利用できるようになる。利便性を高め、顧客獲得につなげる。

 ペイペイは10月、スマホ決済「PayPay(ペイペイ)」を始めた。利用者は専用のアプリから店舗に張り出されたQRコードを読み込んだりバーコードを提示したりすると支払いができる。店舗側は専用端末を導入する負担がなく、中小の飲食店などで広がっている。今回、新たにインターネット上のサービスで使えるようにする。

 ヤフーショッピングやフリマアプリ「ヤフオク!」に加え、19年4月からはアスクルのネット通販「LOHACO(ロハコ)」でも利用できる。現在はネットサービスを利用した際、「Tポイント」を付与しているが、2月以降は、電子マネーのペイペイがたまる仕組みに切り替える。

 スマホ決済の競合の楽天も「楽天市場」などネットサービスでためたポイントを実店舗で使ったりためたりできるようにし、会員基盤を広げてきた。スマホ決済は様々なサービスのインフラとなるだけに、利用者や加盟店の拡大に向けた競争は一層激しくなりそうだ。

ニュースの最新記事

PAGE TOP