日経メッセ > リテールテックJAPAN > ニュース > 試着、その場でセルフ決済、NTTデータ、レジ業務削減。

日経の紙面から

試着、その場でセルフ決済、NTTデータ、レジ業務削減。

[ 2019年10月4日 / 日経産業新聞 ]

 NTTデータは衣料品店の試着室内で顧客自身が決済する「セルフ決済」ができるシステムを開発した。利用客が試着した商品をレジに持って行かずにその場で会計ができる。セレクトショップ大手のユナイテッドアローズ(UA)と組んで10月7日まで実証実験をする。実験結果を踏まえて、2020年度をめどに本格的にサービスを始める計画だ。

 今回の実験はUアローズが運営する「グリーンレーベルリラクシング自由が丘店」(東京・世田谷)で実施。5つの試着室のうちの2つにセルフ決済のシステム「試着室内セルフ決済」を設置した。同社の会員サービスに加入する顧客に利用してもらい、顧客のレジ待ちストレスの削減や店員のレジ業務削減による接客の向上などを検証する。

 新システムは会員証を読み取るバーコードリーダーとクレジットカードの決済端末、POS(販売時点情報管理)アプリケーションを組み込んだタブレット端末のほか、商品の無線自動識別(RFID)タグを読み取るRFIDリーダーで構成する。

 利用者はバーコードリーダーで会員証をスキャンした後、ハンガーにつるした商品を壁に掛ける。そうすると壁面のRFIDリーダーが商品のタグを読み取り、タブレット端末のPOSアプリに商品を登録する。利用客がPOSアプリを操作して購入する商品を選び、決済端末にクレジットカードを挿入して自分で決済するという流れになる。

 決済後のレシートは電子レシートとして配信する。利用客はPOSのアプリ上に表示するQRコードをスマートフォンで読み取ると、ウェブブラウザーを通してレシートを取得できる。このほか、店員を呼び出す機能も備える。商品のサイズ交換やアドバイスがほしい場合などにPOSアプリの「呼び出し」ボタンを押すと、店員が身に着けている腕時計型端末「アップルウオッチ」に通知する。

 利用客はレジ移動やレジ待ち、試着室での店員への声かけが不要になることでストレスの軽減につながるとみている。店員にとってはレジ業務が減ることで空いた時間を接客に当てられるようになり、より細やかな応対につなげられると期待している。

 新システムは購入した商品だけではなく、試着室に持ち込んだが購入しなかった商品のデータも取得が可能。こうしたデータを分析して、今後の利用客の来店や電子商取引(EC)サイトの販促などに活用することもできる。

 今回の実験用には既存の装置を組み合わせてシステムを開発したが、本格サービスに向けてすべてが一体化した機器を開発することも検討している。

(中島募)

ニュースの最新記事

PAGE TOP