検索

ターゲット
対象展示会
キーワード

サイトの検索結果

  • 【3展合同企画】特別展示「NIPPONプレミアムデザイン」開催(西ホール)−日本の伝統的なものづくりの技とデザインを次代へつなぐ−日本古来の美意識と日本の自然から生み出された、伝統工芸をはじめとしたも...
  • 会期2020年3月3日(火)〜6日(金)午前10時〜午後5時(最終日のみ午後4時30分)会場東京国際展示場「東京ビッグサイト」西ホール (東京都江東区有明3-11-1)主催特定非営利活動法人LED照明...
  • 「 LED NEXT STAGE 2020 」は、 LEDの技術革新とデザインの融合がもたらす次のヒカリの世界を提案するLED専門展です。商空間・住空間を魅力的に彩る快適照明や人にやさしいヒューマンセ...
  • 耳飾りに極小芸 見た目は異素材木の葉型のお香 ホテルから人気 4月に東京・表参道で開催された展示会「マテリアル・イン・タイム」。日本独自の素材や技術で製品化したものを、香港から発信する試みが好評で、東...
  •  ベアリング大手のNTNは美瑛町農業協同組合(北海道美瑛町)と沙留漁業協同組合(同興部町)に発電システム「グリーンパワーステーション」を寄贈した。両組合はグリーンパワーステーションの寒冷地実験に協力し...
  •  スパイス(名古屋市天白区、052・861・8901)の暗くなるとミステリアスに光るソーラー充電式ライト「LEDソーラーイルミネーションライト」 日中、太陽光で充電しておけば、暗くなると自動で点灯する...
  •  小糸製作所はドイツのセンサー開発を手掛けるブリックフェルドと自動運転に利用される「LiDAR(ライダー)」と呼ぶ次世代センサーを付けたランプを共同開発する。小糸製作所の自動車ランプにブリックフェルド...
  •  自動車部品メーカーが次世代車を支える技術で、実用化をにらんだ先陣争いが激しくなっている。仏大手のヴァレオは自動運転に使う次世代センサーを2020年から量産するほか、市光工業など日本勢も新機軸のランプ...
  •  【松山】野菜苗大手のベルグアースは中国でトマトなどの苗の生産装置の製造、販売に乗り出す。このほど光量や室温、給水などを自動制御し高品質の苗を安定生産する装置のシステム開発でウシオ電機と提携した。同社...
  •  パナソニックは商品への光の当て方を簡単に調整できる照明器具を8月1日に発売する。主に店舗やショールームでの利用を想定する。1つの照明器具で様々な利用状況に対応でき、施工現場の負担軽減につながる。同社...