エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz

検索

ターゲット
対象展示会
キーワード

サイトの検索結果

  •  省エネ機器を製造するMIRAI―LABO(ミライラボ、東京都八王子市)は電気自動車(EV)の使用済みリチウムイオン電池を再利用した街路灯を量産する。街路灯は太陽光で発電し、設置後10年以上稼働する。...
  •  九州大学の松島敏則准教授と安達千波矢教授らの研究グループは、厚みがあっても発光する有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)の素子を開発した。従来は100ナノ(ナノは10億分の1)メートル程度の薄さでし...
  •  東京工業大学の細野秀雄栄誉教授と金正煥助教らはペロブスカイトという結晶構造を持つ材料を使い、低電圧でも強く光る発光ダイオード(LED)を開発した。有機ELに代わる薄くて曲がるディスプレーに応用できる...
  •  パナソニックは配線工事の手間を省け、個別に明るさを制御できる照明器具を発売した。商業施設などへの導入を想定している。専用タブレットで明るさを制御する。1つずつ制御できるため、レイアウトの変更への対応...
  •  液晶や有機ELディスプレーパネルの基幹部品である偏光板の2018年の世界シェアは住友化学グループが前年比1ポイント上昇の24%となり、17年の3位から首位に躍り出た。17年首位の韓国LG化学や2位の...
  • 3月8日から11日まで開催の進化するLEDと有機ELの総合展「LED NEXT STAGE 2016」は閉幕いたしました。今回は「ヒカリ+αで拡がるLEDの可能性」をテーマに、様々な波長制御が可能なL...
  • 【3展合同企画】特別展示「NIPPONプレミアムデザイン」開催(西ホール)−日本の伝統的なものづくりの技とデザインを次代へつなぐ−日本古来の美意識と日本の自然から生み出された、伝統工芸をはじめとしたも...
  •  発光ダイオード(LED)大手の日亜化学工業(徳島県阿南市)は、同社が世界で初めて開発した自然光に近い発光をするLEDが欧州の美術館で採用されたと発表した。紫外線が含まれないため、光による作品損傷が軽...
  •  神奈川県厚木市は電灯を設置している市内の225公園で、電灯をすべて発光ダイオード(LED)にする。これまで水銀灯などを使っていたが、耐用年数が長く環境負荷の小さいLEDに変更する。2020年末に一般...
  •  額縁のような照明 イタリアの照明メーカー、フロスは佐藤オオキ氏が率いるデザイン事務所「nendo」がデザインした照明器具「GAKU」を発売した。四角いフレームの中に照明と小物を組み合わせて使う。 発...