SECURITY SHOW

SECURITY SHOW 2020 | 2020年3月3日(火)〜6日(金) 幕張メッセ
展示会トップ

中部電、災害対策にドローンも。

 【名古屋】中部電力は2018年の台風24号による大規模停電を受けて進めている災害対策の取り組み状況を発表した。配電災害復旧支援システムの導入状況や新たに始めた停電情報アプリなどを紹介した。初動の遅れや情報発信不足といった課題に対応。今後はドローンを使った自動巡視の実用化も目指す。

 復旧システムは4月から運用を開始。従来は紙ベースで巡視や工事状況を報告していたが、クラウド上のシステムで自動化・共有化した。さらに8月からは調査員にタブレットを配備し、災害現場からの情報伝達や作業発注までの工程を迅速化する。停電情報アプリは、チャット機能で日常の質問も受け付ける。

 ドローンの自律飛行による設備被害の自動巡視も実験中という。20年度末までの実用化を目指す。

関連情報一覧

メニュー

同時開催の展示会+ 展示会一覧を見る