日経メッセ > SECURITY SHOW > ニュース > 機密データ共有、安全に、日立ソリューションズ、製造業向けシステム。

日経の紙面から

機密データ共有、安全に、日立ソリューションズ、製造業向けシステム。

[ 2017年6月19日 / 日経産業新聞 ]

 日立ソリューションズは機密性の高いCADデータなどを安全に共有できる製造業向けシステム「活文 機密情報共有・活用ソリューション」を7月3日から販売すると発表した。情報の持ち出しができない機密環境を設けて、不正な持ち出しを防ぐことができる。

 新システムは取引先や作業者のパソコン内に情報を持ち出させない機密環境を用意する。この環境内では、CADデータなどを編集可能なファイルとして共有できる一方で、許可されていないネットワークへの通信やアプリケーションの実行、外部媒体へのデータ保存をできなくしている。

 また、簡単な操作で機密環境にあるデータへのアクセスを禁止することができる。契約が終了した取引先や退職後の元作業者などからの情報流出のリスクも軽減できる。

 製造業では設計業務の現地化が進んでおり、製品のローカライズ設計などで海外拠点や企業と協業するケースが増えている。これにともない、製品のCADデータの流出や二次利用のリスクが高まっている。

ニュースの最新記事

PAGE TOP