日経メッセ > SECURITY SHOW > ニュース > 子供の安全守る、警備サービス進化――不在時、スマホで遠隔操作(住まいナビ)

日経の紙面から

子供の安全守る、警備サービス進化――不在時、スマホで遠隔操作(住まいナビ)

[ 2017年7月12日 / 日本経済新聞 夕刊 ]

 夏休みは共働きで家を留守にする親にとって、子供の身の安全が心配になる。こうした親たちから支持されているのが自宅を警備してくれるサービスだ。警備員が駆け付けたり、大音量で警報音が鳴り響く装置があったり、サービス内容は様々。スマートフォン(スマホ)を使った機能も登場している。家庭の実情に合わせて、サービスを選んでみよう。

 「以前、近所で不審者が出た。子供の安全を考え、ホームセキュリティーに加入しようと思った」。こう話すのは、東京都世田谷区に住む自営業の男性(47)。娘(3)ら4人で閑静な住宅街で暮らす。

 2階建て住宅は広めの敷地に立っていることもあり、道路側から見れば死角も生まれやすい。男性は20年も前からこの住宅で暮らしているが、警備サービスには加入していなかった。

■   □

 家族の安全を考え、今春、警備会社セコムへの加入を決めた。出入り口には監視カメラを設置したほか、非常時には点灯することで周囲に危険を知らせるランプもドアに取り付けた。不在時は専用装置を押して警備を始める。

 在宅中に不審者の侵入があれば、警備会社にすぐに知らせることができる「非常ボタン」もある。ポータブル端末のボタンを押せば、警備会社からすぐに問い合わせがあり、状況に応じて警備員が自宅まで駆け付ける仕組みだ。

 工事代やカメラ代も含めると初期費用は50万円超かかったが、月額料金は5千円程度。男性の妻(44)は「異常があればすぐに警備会社から連絡があったり、自宅周辺を警戒してくれたりするので安心」と笑顔だ。

 自宅の警備サービスが本格的に始まった1980〜90年代前半、契約者の中心は富裕層。ただ、最近は加入世帯の裾野が広がっている。子供が巻き込まれる事件が相次いでいるうえ、昼間は家を留守にする共働き世帯が増えていることが背景にある。業界首位のセコムの主力商品「ホームセキュリティ」の契約件数は3月末時点で121万件で、毎年7万件ずつ純増している。

 スマホを活用した警備も広がっている。綜合警備保障(ALSOK)の「ホームセキュリティ Basic」(月額料金は税別3500円)は、スマホのアプリを使い自宅の警備サービスの開始や解除ができる。従来は自宅に備え付けた専用装置を操作する必要があったが、本体機に第3世代(3G)の通信機能を内蔵したことでスマホでの操作が可能に。警備サービスを操作した人や、その時間などもスマホで確認できるようになった。

 一般に警備会社に異常を知らせるには電話の固定回線などを使っている。ただ、スマホの普及で固定回線がない自宅が増えているほか、別荘でも警備サービスを求める需要が高まっている。セコムも7日に売り出した新商品「ホームセキュリティ・NEO」(月額税別6800円)では、スマホの専用アプリを使う方法を導入している。

■   □

 セコムとALSOKは本体機も幅16〜25センチ、高さ16〜18センチと小型化。ALSOKの「Basic」はボタンに発光ダイオード(LED)ライトを採用することで色覚障害者らにも配慮した。警備サービスの枠を越えた機能も充実しており、セコムの「NEO」では専用の宅配ボックスに荷物が届くと、契約者のスマホにこれを通知するサービスも年内に始める。

 一方、毎月の利用額を支払って警備サービスを受けるのではなく、警報装置のみ購入する方法もある。警備員が現場に駆け付けるサービスはないものの、侵入者を赤外線センサーが感知すれば大音量が鳴り響いたりライトを照らしたりすることで防犯効果が期待できる。

 セキュリティハウス・センター(京都市)は警備システム商品「NEXT」を扱う。モデル販売価格は警報音を発する筒状の装置(幅15センチ、高さ50センチ)とセンサーなどを含め50万〜60万円。初期費用としては割高にみえるが、警備サービスの毎月の利用料金を基に計算すれば、数年で回収できるという。不審者を検知すると契約者にメールで異常を知らせるほか、電話での問い合わせにも応える。

 通信技術の進展もあって警備サービスはきめ細かな対応が可能になってきた。家庭の実情に合わせたサービスをもう一度調べてみるのも良いかもしれない。(企業報道部 岩本圭剛)

自宅侵入「空き巣」3割

 警察庁が2015年に実施した調査によると、不審者が自宅などに侵入するケースでは、住人が不在時に金品を盗む「空き巣」が全体の36・4%を占める。就寝時に家に侵入し金品を盗む「忍び込み」は14・2%で、増加傾向にある。

ニュースの最新記事

PAGE TOP