日経メッセ > SECURITY SHOW > ニュース > パナソニック、AIで歩行者行動予測、防犯などに活用。

日経の紙面から

パナソニック、AIで歩行者行動予測、防犯などに活用。

[ 2017年7月19日 / 日本経済新聞 朝刊 ]

 パナソニックは人工知能(AI)を使い、屋内でカメラに映った歩行者の特徴を把握して行動を予測する技術を開発した。つえを持っているかや、何人組で移動しているか、大人か子どもかといったリアルタイムの情報を取得する。駅や空港などの安全管理や防犯で活用できるほか、店内で客の動線を調べるマーケティングにも生かせる。

 AI技術のひとつである深層学習(ディープラーニング)の技術を使った。年齢や性別、つえや車いすの有無など様々な属性を持つ人について、正面や真横、斜めなどから撮影した写真データを用意。歩行者の属性と画像の関係性をコンピューターに学習させた。

 これに歩行者の進路を予測するプログラムを組み合わせ、どの属性を持つ人がどこに移動していくかが分かるようにした。実際に行った実験では、カメラに映った5〜6人の属性を把握し、別々に行動する様子を全て予測できた。

 駅で危険な場所に立ち入る人がいないかを見張る安全管理や不審者を見つける防犯、小売店のマーケティングなどに幅広く使える。パナソニックは業務用のカメラシステムを販売しており、実用化すればサービスの充実につながる。

 AIで歩行者の特徴を詳細に分析できると、自律型の車いすや荷物の運搬ロボットなどの制御にも生かせる。国際電気通信基礎技術研究所(ATR、京都府精華町)と共同研究をしており、2018年度には分析した情報をもとに実際にロボットなどを動かす実証実験も予定する。

ニュースの最新記事

PAGE TOP