日経メッセ > SECURITY SHOW > ニュース > 東急電鉄、「生活にIoT」企業連合。

日経の紙面から

東急電鉄、「生活にIoT」企業連合。

[ 2017年7月26日 / 日本経済新聞 朝刊 ]

 東京急行電鉄は25日、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を日常生活の領域に取り込み普及させるためのアライアンス(企業連合)を立ち上げたと発表した。IoTは産業界で導入が進むなか、自宅回りは企業間の連携が進んでいない。パナソニックグループや日本マイクロソフトなど30社が業界を越えて参画する。

 同日に「コネクティッドホーム アライアンス」を立ち上げた。まずは研究会を10月から開き、宅配や高齢者ケア、災害発生時の対応など6つのテーマをもとに検討を進める。必要に応じて実証実験も手がける。

 宅配のテーマでは再配達の課題解決に向けIoTの活用方法などを検討する。災害発生時における空き家の活用についてIoTをどのように生かせるのかといった内容を話し合う。東京大学生産技術研究所の野城智也教授らも参画する。

ニュースの最新記事

PAGE TOP