日経メッセ > SECURITY SHOW > ニュース > 日精販、低コストの監視システム(フラッシュ)

日経の紙面から

日精販、低コストの監視システム(フラッシュ)

[ 2017年8月3日 / 日経産業新聞 ]

 【島根】測量機器販売などの日精販(島根県益田市)は、設置が簡単な低コストの監視システムを開発した。遠隔地の状況を動画によりリアルタイムで確認でき、工事現場や被災地の状況把握、鳥獣被害対策などに役立つ。電源は太陽光発電で他社のシステムに比べ構造を単純化した。測量機器や保安用品の販売に続く新たな収益の柱に育てる。

 監視システム「カメトル」は7月に発売した。支柱を地面に取り付け、電線などの電源がない場所で使用できる。蓄電した電力で、日照がなくても3日間程度稼働する。

 映像はカメラ内の記憶媒体で最大20日間保存できる。価格は32万1840円。レンタルの場合の料金は月3万7800円で他社の同様のシステムより低額という。

 稼働コストは動画を送る通信費として月額1600円程度かかる。カメラは200万画素で、画角は130度。撮影した動画は携帯電話の電波網を使って端末に送信し、パソコンやタブレット、スマートフォンなどで確認する。

ニュースの最新記事

PAGE TOP