日経メッセ > SECURITY SHOW > ニュース > 賃貸、IoTで監視、不正駐車やゴミ不法投棄、レオパレス21、KDDI。

日経の紙面から

賃貸、IoTで監視、不正駐車やゴミ不法投棄、レオパレス21、KDDI。

[ 2018年3月27日 / 日経産業新聞 ]

 レオパレス21とKDDIは、あらゆるものがネットにつながるIoTを活用した賃貸アパートの遠隔監視実験を始める。レオパレス21が管理する賃貸アパートの駐車場とゴミ置き場にセンサーを設置し、KDDIの通信ネットワークを使って不正駐車や不法投棄などを監視する。

 実証実験は埼玉県川口市の賃貸アパート1棟を使って実施する。敷地内の未契約の駐車場に地磁気センサーを設け、自動車の不正駐車を見つけ出す。KDDIの通信網を通じて、レオパレス21側に連絡する。ゴミ置き場の扉にも開閉センサーを設置する。収集日以外に扉の開け閉めがあった場合にレオパレス21に通知し、遠隔監視カメラを使うことで時間外のゴミ出しや、不法投棄を確認できる。

 いずれのセンサーも「LPWA」と呼ばれる低電力で広範囲のエリアをカバーする通信規格を活用する。センサーが自動通知することで、従来は住民からの連絡まで察知できなかった問題を早期に発見、解決できる。

ニュースの最新記事

PAGE TOP