日経メッセ > SECURITY SHOW > ニュース > 19年度都道府県予算、本社集計、重点事業、災害対策トップ、五輪・パラ関連も手厚く。

日経の紙面から

19年度都道府県予算、本社集計、重点事業、災害対策トップ、五輪・パラ関連も手厚く。

[ 2019年4月29日 / 日本経済新聞 朝刊 ]

 新年度の重点事業は災害対策がトップ――。日本経済新聞社が2019年度の都道府県予算(一般会計)を調査・集計したところ、頻発する災害からの復旧や、被害を最小に抑える防災・減災に事業費を手厚く配分する姿が浮かんだ。1年後に迫る東京五輪・パラリンピック関連の支出も目立つ。歳入面では堅調な企業業績を反映し、法人税を中心に多くの自治体が拡大を見込む。

 18年7月の西日本豪雨で大きな被害が出た岡山県。堤防が決壊し、地盤がえぐられ家屋が傾くなど甚大な被害が出た倉敷市真備町地区では、寸断された道路や河川の改修工事が続く。伊原木隆太知事は4日の記者会見で、新年度の事業について「復旧・復興の実現にとって重要な1年。全力で取り組む。(梅雨の時期までに)きちんと現状復旧したい」と語った。

 調査では統一地方選などのため骨格・暫定予算となった11道県を除く36都府県を対象に集計した。一般会計の総額は約41兆5千億円で、18年度と比べ2・4%増と3年ぶりにプラスになった。

増加率、広島1位

 前年度と比べ予算の増加率が最も大きくなったのは、西日本豪雨で大きな被害を受けた広島県で10・6%増。同県財政課によると「一般会計の増加額が1千億円を超えるのは初めて」で、「復旧・復興プラン」に基づき全体の1割近い1024億円を災害対策費に計上した。うち公共事業費は897億円を占める。増加率が2番目に大きかったのは、やはり豪雨に見舞われた岡山県で8・5%増だった。

 逆に前年度と比べ減少率が最も大きかったのは熊本県で5・1%減った。熊本地震発生から3年が経過し「インフラの修復にかかる経費が減った」(財政課)のが要因だ。災害対策が予算の増減を左右しているのが分かる。

 公共事業費を中心とする投資的経費は36都府県で11・1%増えた。09年度以降では東日本大震災の影響で膨らんだ12年度の12・9%増に次ぐ高い水準だ。重点配分事業(3つまで複数選択)を聞いたところ、45都道府県が回答。「防災・減災・復興」を選んだ自治体が21と最も多かった。政府はインフラ整備を中心とした防災のための緊急対策費として、20年度までに約7兆円を投じる。多くの自治体はこの事業費を活用して「治水・土砂災害対策などを集中的に実施する」(新潟県)。

 気候変動が影響した自然災害が全国で多発したのを踏まえ、各地の自治体は河川の氾濫、浸水対策に予算を充てるほか大規模な被害につながる地震に備えて、住民の安全確保に取り組む。

 「東京五輪・パラリンピックの大会準備に万全を期していきたい」。12日、東京都の小池百合子知事は記者会見で改めて強調した。大会を1年後に控え、都の19年度予算は一般会計で7兆4610億円と過去最大となった。前年度比伸び率は5・9%と広島県、岡山県に次ぐ全国3位だ。

キャンプ誘致多く

 調査では五輪に向けた取り組みについて都道府県に聞き、46都道府県から回答(複数選択)があった。大会に関係する予算は42都道府県で3362億円と、18年度の2・3倍に膨らんだ。

 事業内容で最も多かったのは「事前キャンプの誘致・支援」で42都道府県に上った。海外の国・地域と地域の交流促進のため「ホストタウン」になる自治体も多い。鳥取県は「ジャマイカとの国際事業」を実施する予定で、長野県は中国のホストタウンとして、関係市町と友好交流活動を実施する。

 多くの外国人が日本を訪れる五輪は地域の魅力を発信する絶好の機会だ。五輪関連の取り組みで2番目に多かったのは「文化・観光振興(地域のPR)」だ。聖火リレーが出発する福島県は東日本大震災による「風評の払拭と復興のさらなる加速」を挙げた。

(シニアライター 近藤英次)

【表】一般会計の前年度比増減率の上位・下位     
   順位  都道府県 増減率(%) 予算規模(百万円) 
上位 【1】 広島県  10.61  1,055,100 
   【2】 岡山県   8.52    734,823 
   【3】 東京都   5.89  7,461,000 
   【4】 長野県   4.68    885,973 
   【5】 島根県   3.68    468,654 

下位 【1】 熊本県  ▲5.07    791,488 
   【2】 岩手県  ▲1.87    935,502 
   【3】 秋田県  ▲1.06    574,089 
   【4】 宮城県  ▲0.92  1,110,271 
   【5】 和歌山県 ▲0.08    553,066 
(注)対象は2019年度に通常予算の36都府県。2018年度が骨格予算の場合、肉付け補正後の数値で比較。▲はマイナス    

ニュースの最新記事

PAGE TOP