日経メッセ > SECURITY SHOW > ニュース > 登下校の防犯、見えぬ解、川崎・児童ら19人殺傷、「バスは安全」覆す、文科省「想定していなかった」。

日経の紙面から

登下校の防犯、見えぬ解、川崎・児童ら19人殺傷、「バスは安全」覆す、文科省「想定していなかった」。

[ 2019年5月29日 / 日本経済新聞 朝刊 ]

 川崎市多摩区で登校前の児童らが男に襲われた事件では、文部科学省が登下校の安全対策の一つに挙げていたスクールバスが標的となった。児童が巻き込まれる事件が起きるたびに学校や地域の取り組みが進んできたが、「死角」を完全に消す方策は見えていない。

 事件は28日朝、私立カリタス小学校(同区)に向かうスクールバスの停車場所で起きた。両手に包丁を持った男が、バスに乗ろうとしていた児童らを次々と切りつけた。

 同校は毎朝、JR南武線と小田急線の登戸駅(同区)に着いた児童を2キロ弱離れた学校までバスでピストン輸送していた。駅改札から停車場所まで教頭と教員が交代で立ち会い、児童の乗車を見守っていた。

2つの大きな山

 警察庁が2015〜17年に道路上で犯罪被害に巻き込まれた子供(13歳未満)の人数を平日の時間帯別にまとめたところ、登下校時に当たる午前7時と午後3〜5時に2つの大きな山があった。

 17年に千葉県松戸市でベトナム国籍の小3女児が、18年には新潟市で小2女児が、いずれも登下校中に連れ去られ殺害される事件が起きた。

 通学路の安全確保が課題となるなか、文部科学省は18年9月、全国の教育委員会などに出した通達の中で「スクールバスなどを登下校の安全対策の観点から利用することも考えられる」と言及していた。同省が18年に関係省庁と作成した「登下校防犯プラン」も、スクールバスの導入を集団登下校やICタグなどと並ぶ安全対策として推奨していた。

対策進んだが...

 文科省の担当者は「スクールバスは児童見守りの強化策の一つだったが、待っている所を襲われることは想定していなかった」と話す。

 児童や生徒の安全対策は、01年6月に発生した大阪教育大付属池田小の児童殺傷事件をきっかけに大きく進んだ。授業中の校舎内に進入した男(当時37)が包丁で児童8人を殺害し、児童13人と教員2人が重軽傷を負った。事件を受け、文科省は各学校に安全対策の強化を指示。不審者の侵入を防ぐため、校門の施錠や防犯カメラの設置などの取り組みが広がった。

 ボランティアやPTAなどによる通学路の見守り活動も各地で根付いてきた。事件や事故を防ぐため、15年度に通学路の安全点検を実施した小学校は99・3%、中学校は93・8%に上る。それでもスクールバスの停車場所で今回のような事件が起きたことで、関係者に衝撃が広がっている。

 文科省は事件の詳細を把握したうえで登下校防犯プランの検証や、通学路の安全点検の実施などの対策を決める方針だ。柴山昌彦文科相は28日の閣議後の記者会見で「学校や通学路の安全確保に一層取り組む。不審者情報の共有も政府を挙げてしっかりとした対策を取る」と述べた。

 子供の安全を研究するステップ総合研究所(東京・文京)の清永奈穂所長は「スクールバスは安全だと思われてきたが、子供がまとまっているため犯罪者が襲いやすいととらえる必要がある」とし、バス停に警備員を配置するなどの対策を挙げる。加えて「不審者が来たらランドセルを捨ててでも逃げるなど、最終的に自分の身は自分で守るという教育に低年齢のうちから力を入れてほしい」と話している。

ニュースの最新記事

PAGE TOP