日経メッセ > SECURITY SHOW > セミナー > 収益2倍へ!ロスプリベンション教育と盗難情報共有の実現に向けて

セミナー

収益2倍へ!ロスプリベンション教育と盗難情報共有の実現に向けて

[ 2018年1月18日 ]

欧米小売業の収益率は日本の約2倍。この格差を生む要因として「ロスプリベンション体制」や「盗難など危機管理情報の企業間共同利用」の有無が考えられます。小売業の戦略、危機、経理財務、人事、営業数値などの管理者を対象に、日本の小売業の弱点を補い、さらなる成長のために創設された2つのプロジェクトの最新状況を報告します。


10:00~10:20 基調講演「『万引対策強化宣言』の推進」
竹花 豊氏 NPO法人全国万引犯罪防止機構 理事長


10:20~12:00 シンポジウム「収益2倍へ!ロスプリベンション教育と盗難情報共有の実現に向けて」
【コーディネーター】
竹花 豊氏 NPO法人全国万引犯罪防止機構 理事長
【サブコーディネーター】
菊間 千乃氏 NPO法人全国万引犯罪防止機構 政策・広報委員長
【パネリスト】
林 揚哲氏 経済産業省 消費・流通政策課長(オブザーバ)
佐藤 誠氏 ユニクロ 計画管理部
石田 岳彦氏 日本チェーンドラッグストア協会 防犯・有事委員長
近江 元氏 NPO法人全国万引犯罪防止機構 LP教育制度作成委員会委員長
秋元 初心氏 ロスプリベンション協会 代表理事
阿部 信行氏 NPO法人全国万引犯罪防止機構 万引防止出版対策本部・事務局長


※本セミナーの受講者先着100名(希望者)に「万引対策強化国際会議2017報告書」を進呈します。

セミナーの最新記事

PAGE TOP