日経メッセ > SECURITY SHOW > トピックス > 第12回「情報セキュリティ文化賞」受賞者決定

トピックス

第12回「情報セキュリティ文化賞」受賞者決定

[ 2016年2月15日 ]

第12回「情報セキュリティ文化賞」(主催:情報セキュリティ大学院大学、協力:日本経済新聞社)の受賞者5名が決定しました。

情報セキュリティ文化賞は、わが国の情報セキュリティ分野の進展に大きく貢献した個人を表彰することを通じ、情報セキュリティの高度化に寄与することを目的として、情報セキュリティ大学院大学が2005年2月に制定したものです。本事業を継続することによって、情報セキュリティ文化についての関心を喚起し、わが国の生活・経済・産業基盤を支える自治体や企業など様々な組織の中で中核となりうる有為な情報セキュリティ人材の育成に繋げていくことを企図しています。

3月8日(火)、SECURITY SHOW 2016「セキュリティソリューションステージ」にて、表彰式と受賞者の方々による記念講演が15時10分より行われ、受賞者には表彰状と記念のトロフィーが授与されます。現在、記念講演会「社会インフラとしてのITとセキュリティ~東京オリンピックに向けて~」の受講者をこちらで募集しています

● 第12回 受賞者(五十音順)

越前 功 氏  国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系 教授
大高 利夫 氏  藤沢市 総務部参事兼IT推進課長
名和 利男 氏  株式会社サイバーディフェンス研究所 専務理事/上級分析官
満塩 尚史 氏  内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室 政府CIO補佐官
渡辺 研司 氏  名古屋工業大学大学院 工学研究科 社会工学専攻 教授

詳細は、情報セキュリティ大学院大学発表のニュースリリースをご覧ください。

トピックスの最新記事

PAGE TOP