エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz

社会インフラテック

2019年12月4日(水)〜6日(金) 2019/12/04〜06 東京ビッグサイト
日経メッセ > 社会インフラテック > 防災・減災対策の出展者一覧

防災・減災対策の出展者一覧

興味のある出展者や製品のチェックボックスを選択して「資料請求する」ボタンを押すと、複数の出展者にまとめて資料請求することができます。

該当する出展者一覧

小間番号 資料請求
アイセイ
★ブースは『エコプロ展』内! 昨年に続き今年も「効率的で効果的な点検技術」を紹介する。約四半世紀にわたり、様々なインフラ構造物の点検を行ってきた経験をもとに開発している現場情報共有アプリのデモンストレーション。また3D点群データの活用など情報を「見える化」するための方法を提案する。他にもインフラ構造物の維持管理を多くの人に理解してもらうための体験型コンテンツを行う。
エコプロ西2ホール 2-901 お問い合わせ
朝日航洋
1.ドローン測量サービス「くみき」:3D・オルソ画像を自動生成するクラウドサービス 2.河川や海岸分野における3つの新技術を紹介 ①水中点検フロートロボット:河床や河川管理施設の点検の高度化・効率化を支援 ②CalSok 刈測(かるそっく):除草と同時に詳細な堤防形状データを取得 ③航空レーザ測深システム:陸上部と水中部のシームレスな3次元地形データを同時取得
IN-175 お問い合わせ
アジア航測
アジア航測は「測る」「創る」「診る」のトータルコンサルティングを手掛ける空間情報コンサルタントである。今回の出展では社会インフラの維持管理に貢献する事業の中から、「道路」「森林」「河川」の3分野の技術と事例について国連のSDGsと絡めて展示を行う。
IN-150 お問い合わせ
amuse oneself
TDOT02/国土交通省ピッチイベントにおいてi-Constructionの要求精度±50mmをクリアした確かな実力を持つドローンレーザー測量システム。1.8kgの小型、軽量化によりロングフライトを実現。 TDOT GREEN/グリーン波長のレーザー測量システム。水を通過する特性から、これまで不可能だった河床や海底まで取得可能。建設現場では、濡れた路面や黒色の強い新設アスファルトまで測量が可能。
IN-165 お問い合わせ
インキュビット
ブースでは、医療・地質・農業・バイオ・製造・建築など幅広い業界における高精度な画像認識サービスを用いた取り組み事例を紹介。 社会インフラ点検業界では道路のヒビ割れ、壁面のはがれ、下水道の劣化、送電線のサビ等、社会インフラでの目視点検作業を効率化できます。
IN-174 お問い合わせ
エレコム
ELECOMグループ(エレコム
インフラ・設備のメンテナンスに関わるソリューションとして、屋外から製造業のライン等の厳しい環境でも使用できる高堅牢な「ZEROSHOCKタブレット」と点検業務のペーパーレス化に貢献するアプリケーションをハンズオンの形でご紹介。また、「予知保全機能搭載の長期保守PC」や「ARグラス」、「ITインフラ構築」「防災ソリューション」など、PC周辺機器のエレコムとは違う、多彩な先端のソリューションをご紹介。
IN-168 お問い合わせ
Automagi
インフラ一次外観検査の自動化・ビジネスプロセスの大転換を実現する「AMY InfraChecker」を展示しています。膨大な工数、危険作業、診断判定の属人化が伴うインフラの点検作業を、画像認識AIとドローン・定点カメラ等でスマートに代替え。サビ・クラック・塗装剥がれ・アナログメータ表示異常など、様々な対象を認識するだけでなく、サビなどは画期的な独自手法により精度の高いスコア化が可能です。
IN-176 お問い合わせ
オービタルネット
AIの建設コンサルタント分野への活用方法の提案。ディープラーニング物体検出を用いた地物判読、劣化診断、トラッキング調査、2期の航空写真からの差分解析などGeo-AIと言われるG空間情報との連携を含めた展示を行う。
IN-155 お問い合わせ
OKI
OKI
国内の社会基盤を支えるインフラ構造物や設備の維持管理ニーズに対し、OKIの考えるコンセプトをはじめ、さまざまな商品やサービスを紹介。
IN-157 お問い合わせ
オリエンタルコンサルタンツHD
海外・民間・国内公共の社会インフラを中心に、企画・提案~計画・設計~建設・監理~運営・保全まで、多様なサービスをワンストップで提供する「オリエンタルコンサルタンツHD」が、ICT技術を活用したアセットマネジメント・ファシリティマネジメント、鉄道・空港土木施設維持管理、道路防災における斜面・のり面対策に関するソリューションを紹介する。
IN-156 お問い合わせ
小間番号 資料請求
インフラ構造物の画像から、コンクリートのひびに対して、キヤノンの映像技術と画像処理技術、長らく変状検知を行ってきた株式会社東設土木コンサルタントとのアライアンスによって開発されたAIによるひび割れ自動検知で社会インフラ点検を支援します。
IN-129 お問い合わせ
高洋商会
特殊型枠製作事例の展示を中心に、透明型枠「ミエールフォーム」の導入事例やサンプル展示、工事部門の施工事例や新製品・新工法の展示などを予定している。
IN-115 お問い合わせ
コニカミノルタ
老朽化が著しい道路や橋梁、中でも目視などではわかりづらいコンクリート構造物の内部鋼材破断は隠れた社会問題となっています。 そこで我々は、磁気を利用した非破壊検査装置によって、従来以上に効率の良い内部鋼材破断検出に取り組んでいます。 本展示では、計測機器プロトタイプとサンプル構造物を準備し、実機デモにて技術紹介をさせて頂きます。
IN-161 お問い合わせ
小間番号 資料請求
清水建設
インフラメンテナンスの分野において、当社独自の開発技術及び施設管理者様との共同開発技術を中心に展示予定である。具体的には、耐震補強:橋梁用回転慣性質量ダンパー、補強・長寿命化:タフネスコート、更新:HSプレストレスジョイント(急速施工・高耐久化を実現するPCa床版接合技術)、更新:SLat-FaB床版(高耐久軽量PCa合成床版)等を展示予定である。
IN-138 お問い合わせ
ソーキ
はかるの専門業者として、レンタルするだけでなく色んなはかるの相談窓口として、簡単・手軽・安価を実現。容易に現場導入を可能にし、老朽化の進むインフラ管理と建設工事の際の安全管理等、多種多様な現場で活用を可能とするシステムを多数展示します。
IN-113 お問い合わせ
小間番号 資料請求
TTES
橋梁のたわみを計測する「Integral」の展示である。Integralは、技術者が減少するなかで、橋梁の重要指標である「たわみ」を、簡単操作で作業者依存なく測ることが可能である。クラウドと連動することで、日時・場所・計測値を自動的に保存する機能を有する新しいシステムである。機器のシェアリングをすることで、安価にサービス提供することを目指している。
IN-149 お問い合わせ
東京電設サービス
インフラ設備の長寿命化を実現する「鋼構造物メンテナンス」と「防サビ対策」をご紹介。鋼構造物メンテナンスでは、ライフサイクルコストを低減するトータルメンテナンスサービスを中心に、鋼材の防錆力を新設レベルに再生する技術「Arts工法」、東京電力でも使用されている塗料「TPGペイント」を展示。また、防サビ対策では「防サビ+脱落防止」機能でお困りごとを解決する新しい発想の保護キャップ「FITCAP」を展示
IN-126
小間番号 資料請求
中日本航空
最新計測技術と高度な分析技術を駆使して、空・陸・水域のデータを収集し、社会インフラ管理のための情報を提供しています。高密度・高精度に計測可能なドローンレーザ計測システム「TOKI」の計測事例と、2周波GNSS受信機を搭載した測量機器「GNSS-STICK」の機材を展示します。
IN-145 お問い合わせ
橋梁下部工基礎の健全度(洗堀、土被りなど)を常時監視するスマートセンサシステムを中心に出展する。スマートセンサは、定常時は橋梁の下部工基礎の洗堀度の監視を、地震発生時は安全性の確認を速やかに行うことを可能にするものである。
IN-152 お問い合わせ
日本インシーク
今まで実績を積んできた三次元計測技術とICT機器の展示、および、社会資本に関わる維持管理におけるICT、特に三次元点群の利活用に関する技術展示を行う。 展示するICT機器については販売も行っており、利用に関する技術指導、サポートを含んだサービスを提供している。
IN-180 お問い合わせ
日本ユニシス
商用電源や中継局が不要であり、屋外環境にも簡単に導入可能な「MUDENモニタリングサービス」や、IoT・AI・ウェアラブルデバイスを活用し、設備点検コストの削減を実現する「まるっと点検」、橋梁のコンクリート部材をAIで自動診断する「橋梁点検業務支援サービス」の3サービスを展示。
IN-169 お問い合わせ
小間番号 資料請求
阪神交易
インフラ維持管理、老朽化・災害対策の即戦力となるレーザー距離計、工業用内視鏡、センサー監視カメラ、水分計などの計測・光学機器から断熱材・パイプ・屋根材スレートカッター、FRP切断用ニブラーなどの手動・電動工具まで欧米厳選ツールを一堂にデモ展示。
IN-122 お問い合わせ
日立システムズ
日立システムズグループでは、ITを活用した現場のデジタル化と、全国約300拠点のプロフェッショナルなフィールドサービスの両面からお客さまをサポートする商品・サービスを紹介いたします。
IN-141 お問い合わせ
小間番号 資料請求
三井住友建設
社会インフラの維持管理及び災害対策の効率化・迅速化が求められている中、老朽化する橋梁やトンネルの効率的な点検調査・計測技術や、事業継続ソリューションを紹介。 トンネル調査・点検システム(MOLE-FMR)/斜張橋ケーブル点検ロボットカメラ/橋梁点検アプリ/出来形検測システム(SMC-スマートメジャー)/ISO55001取得/電気自動車電源でエレベーターを稼働/ビルディングレコーダー
IN-143 お問い合わせ
小間番号 資料請求
YE DIGITAL(旧社名:安川情報システム)
「災害大国」である日本を守る防災向け無線IoTカメラ監視サービス。あらゆる現場の安全対策を支援。「乾電池2本」で長時間の定点監視を実現。配線不要である為、どこでも設置可能。低コストでサービスの導入が可能。
IN-108 お問い合わせ

該当する製品情報一覧

製品
小間番号 資料請求
IN-150 お問い合わせ
既存のマンホールにセンサーを後付けするだけで、遠隔地から水位を把握できるソリューションを開発・提供。これにより、人が現地に出向いて水位を確認する作業を無くします。さらに、下水道の水位データを継続的に取...
IN-141 お問い合わせ
防災向け無線IoTカメラ監視サービス「MMsmartMonitor」
「災害大国」日本に必要な防災向け無線IoTカメラ監視サービスをリリース。配線不要で無線カメラ5台のマルチアングル監視が可能。「乾電池2本」で長時間の定点監視を実現。土砂崩れ、河川やため池の氾濫、水門の...
IN-108 お問い合わせ

チェックした出展者に一括で資料請求する