検索

ターゲット
対象展示会
キーワード

出展者情報の検索結果

  • 「体験」をメインとした当社新技術の展示を行う。①カメラ&LiDAR×AI:マシンビジョンによるAI現場管理ソリューション②トンネル切羽AI評価システム③建設現場向けの働き方改革システム×ECビジネスの... (飛島建設)
  • 当社がパートナー様と進めている共同研究・実証実験の具体例を通じて、現場とIoTをつなぐ弊社の取り組みを展示する。また、工場IoTを想定したデジタルツインのデモ動画により、つなぐ技術を体感いただく。 (サイバネットシステム)
  • 特殊型枠製作事例の展示を中心に、透明型枠「ミエールフォーム」の導入事例やサンプル展示、工事部門の施工事例や新製品・新工法の展示などを予定している。 (高洋商会)
  • 「災害大国」である日本を守る防災向け無線IoTカメラ監視サービス。あらゆる現場の安全対策を支援。「乾電池2本」で長時間の定点監視を実現。配線不要である為、どこでも設置可能。低コストでサービスの導入が可... (YE DIGITAL(旧社名:安川情報システム))
  • 「点検調査・現場最前線専用タブレット野帳T-NOTE」をご紹介。現状の紙野帳に代わり、タブレットにCAD図面(DWG形式)を表示させてスケッチやメモを取ることができる。紙に書くように違和感なくスケッチ... (特殊高所技術)
  • ドローンビジネスの専門メディア「ドローンジャーナル」の特別編集号を無料配布するほか、最新刊「ドローンビジネス調査報告書2020【インフラ・設備点検編】」を中心にドローン関連のビジネス調査報告書を展示し... (インプレス)
  • モニタリングシステム技術研究組合(RAIMS)は、社会インフラの重要な分野である「道路」の維持・管理に特化しICTを活用したモニタリング技術の研究を行い、基準化・標準化を目指した「土木構造物のためのモ... (モニタリングシステム技術研究組合)
  • 前橋工科大学堤研究室では、2016年10月から3年間JST/RISTEX助成研究「地域を持続可能にする公共資産経営の支援体制の構築(通称BaSSプロジェクト)」を実施してきた。このプロジェクトでは全国... (BaSSプロジェクト)
  • 前橋工科大学堤研究室では、これまで公共施設マネジメントの視点から、前橋市の中心部を流れる広瀬川整備の提案や住民ワークショップなどを通して住民主体のまちづくりに取り組んできた。また一方で、今年7月から堤... (前橋工科大学堤研究室)
  • ブースでは、医療・地質・農業・バイオ・製造・建築など幅広い業界における高精度な画像認識サービスを用いた取り組み事例を紹介。社会インフラ点検業界では道路のヒビ割れ、壁面のはがれ、下水道の劣化、送電線のサ... (インキュビット)

サイトの検索結果