エコプロ2023 出展のご案内

出展者マイページ

開催趣旨

「SDGs Week EXPO」―社会課題の解決をめざした展示会を同時開催

 2022年11月の第27回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP27)は途上国を支援する「損失と被害」基金の設置で合意し、温暖化ガスの排出面では「パリ協定」の1.5度目標追求が再確認されました。12月には国連の生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)で2030年までの世界目標が採択され、地球上の陸と海のそれぞれ30%以上保全、また企業に環境負荷の開示を促すことで一致しました。国内でも、政府は昨年末のGX(グリーントランスフォーメーション)実行会議で脱炭素社会の実現に向けた基本方針を示しました。不安定な世界情勢、物価高やエネルギー価格上昇など経済情勢が厳しさを増す一方、温暖化対策や自然資本の保全は待ったなしの状況であり、そこでは従来とは異なる手法や技術、そしてビジネスの創出が求められています。

 「SDGs Week EXPO」は環境問題をはじめとする社会課題解決のためのソリューションやテクノロジー、そして英知が集う展示会です。環境総合展の「エコプロ」、持続可能な社会資本整備と脱炭素社会の構築がテーマの「社会インフラテック」「カーボンニュートラルテック」、激甚化する災害への対応と気候変動への適応を図る「自然災害対策展」「ウェザーテック」という5つの展示会を同時開催することで、SDGsのいまを可視化し、それを更に推進する産官学連携の取り組みやビジネスを紹介いたします。次世代を担う若年層の来場動員強化など、世代を超えた多様なステークホルダーが交流する場づくりにも一層努めてまいります。つきましては是非、本展へのご出展を賜りますようお願い申し上げます。

主催者

開催概要

名称 エコプロ [第25回]
会期 2023年12月6日(水)〜8日(金) 10:00〜17:00
会場 東京ビッグサイト 東ホール
入場料 無料(登録制)
主催 (一社)サステナブル経営推進機構、日本経済新聞社
後援 内閣府、経済産業省、環境省、文部科学省、国土交通省、厚生労働省、消費者庁、(一社)日本経済団体連合会、 日本商工会議所、東京商工会議所、(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構、日本貿易振興機構(ジェトロ)、 東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、埼玉県教育委員会、神奈川県教育委員会、千葉県教育委員会[順不同/申請予定]
協力 (一社)グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン、関西SDGsプラットフォーム、 (公社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会、グリーン購入ネットワーク、(公財)日本環境協会、 全国連合小学校長会、日本私立小学校連合会、全日本中学校長会、全国高等学校長協会、全国国立大学附属学校連盟、全国小中学校環境教育研究会、私立大学環境保全協議会、(公社)全国工業高等学校長協会、 全国商業高等学校長協会、全国農業高等学校長協会[順不同/申請予定]
メディア協力 日経ESG経営フォーラム、日経ビジネス、日経ESG、日経xwoman、日本教育新聞[順不同/申請予定]
出展規模 600社・団体/1,200小間(SDGs Week EXPO全体、見込み)
来場者数 65,000人(SDGs Week EXPO全体、見込み)
同時開催 社会インフラテック[第6回インフラ維持管理・老朽化対策総合展]/カーボンニュートラルテック[第3回]/自然災害対策展[第5回]/ウェザーテック[第3回]

※展示会の入場者数については、東京ビッグサイトの「展示会等における新型コロナウイルス感染防止のための対応指針」を遵守し、入退出管理を徹底したうえで適正に運営します。また、今後の状況によっては変更になる場合があります。